Chiharu's blog

welcome to Chiharu's blog.

2009/08/30 (日)

お盆 2 [Diary]

何だかんだ言って、もう今日は衆議院投票日ですが(汗
結果がどうなるか、興味深いですね。

さて、お盆の続き。

京都から福井市までは200Km弱。
ノンストップで2時間走れば4時頃には到着かと思ったけど、
途中遅い昼食を食べたのと、猛烈に眠くなったのでPAで少し仮眠。
途中、日本海が見える杉津SAで日本海を撮影。

画像(180x120)・拡大画像(640x428)

米原から北陸道に入ると車はまばら、スムーズに目的地まで到着。
日が暮れてしまわないうちに何とかと思いながら、
昨年5月に訪れたお寺さんに伺う。

父に「住職さんに渡しておいて」と頼まれた物を渡してご挨拶をすませ、祖父の墓へ。

昨年掃除してから、そのままだったけど思ったより汚れていない。良かった!
お掃除して、花を供えたが、ろうそくとお線香が無い(って墓参りなんだだから用意してこい->俺)

市内を少し探して仏具店を見つけ、ろうそくとお線香を買ってまた戻り、周りを少しばかり掃除したあと、無事お参りを済ませる。
さて、用が住んだところで日も暮れてしまったが。。。
せっかく来たのだからと足羽山の公園に登ってみる。

画像(320x214)・拡大画像(640x428)

少しばかり休憩を兼ねてぼーっとしたあと、食事処を探す。
結局車で入れるファミレスで、ガッツリと肉を食べて腹ごしらえ。
「TOMATO ONION」って関東では見たことのないチェーン店だった。

さて、食べ終わった時点ですでに8時半。
宿泊するべきかちょっと迷ったが、翌日夜には下北沢に行く予定があるし、カーナビで距離を調べると500Kぐらいだったし、眠気も過ぎ去った事だし、そのまま一気に自宅まで走ることにした。

来た道を引き返し、北陸道を米原まで。
その後はいつもの名神 -> 東名 ルートで自宅まで。

それにしても、名古屋を過ぎると夜中の東名はトラックだらけ。
この東名阪の物流を鉄道に置き換えたら、いったいどれだけCo2排出量を抑えられるか?等と考えてしまう。

帰りはずっとその地域のFM局を聞きながら走ったが
今公開されている「宇宙へ」という、NASAの記録映像を元に、BBCが編集した映画の宣伝番組がちょっと気になる。
日本版のテーマ曲はゴスペラーズが唄っている。

時間があったら見てみたい映画ですね。

後は何事もなく夜中二時半に無事帰宅。

以上、今年もまた駆け足の帰省でした。

BBS

Posted by ちはる at 02:49   URL   Comment ( 0 )

2009/08/26 (水)

お盆 1 [Diary]

先週は遅い目のお盆休みでした。

幸い東名は下りが開通ずみ。
真夜中に浜名湖SAに立ち寄ると、先ほど上り線を開通しましたと言うアナウンスが聞こえてきた。
さすがに中一日であれだけ崩落した場所を復旧できるわけがないよなぁと思っていたら、やはり15日深夜までかかったわけだ。
それでも早い復旧だな、と思う。

帰省といってもどこか遊びに行くわけでもなく、
両親を買い物に連れて行ったり、庭の伸びきった木を切ったり草刈りをしたり、
甥っ子に頼まれて買っていったNゲージを渡したり。

それにしても過ごしやすいお盆だった。
昼間でも風通しの良いところにいれば冷房は不要で、
夜中は寒いぐらい。

帰り道は、早朝に実家を車で出発して、和歌山 ->京都 ->福井 ->自宅
と一日で920Kを走った。

途中SAで和歌山のお土産を買って、まずは京都に立ち寄り。
ちょっと鉄道趣味で、梅小路機関区の蒸気機関車を見る。
そのあと、3年ほど前に京都に移り住んだ友人宅にお邪魔する。
今年の5月の連休頃に、彼の奥様が亡くなられていて、それを知ったのはすでに葬儀も終えた頃だった。

遅くなっても一度は顔を出そうと思い、伸び伸びになっていたのだが、友人いわく、最近やっと気持ちも落ち着いてきた頃だと言い、まあ、このタイミングで良かったのかも。
年上の奥様は実は知る人ぞ知る漫画家で、やまだ紫先生という漫画家だ。
10年ぐらい前には先生を含めて、仲間で時々飲み会やカラオケに行ったりという交流があった。
ものすごく密接な交流があったというわけではないのだが、いざ、ご本人の遺影を前にすると、思わず涙がこみ上げてきた。
いつも笑顔で、穏やかで、素敵な方だったのに。。
やはりこれは現実なのだなと思うと何ともやるせない。

しばしの間、二人でとりとめもない、東京にいた頃の苦労話などをして、京都を後にする。

今回、事前に「行くよ」とは言わず、あえて当日朝に電話をしたのだが、まあ、留守だったら留守で運がなかった、それまででいい。
何というか「いや、たまたま近くまで来たもんだからさぁ」というのを口実にして、あまり構えずに逢えたらいいなと思った。
最も、東京から京都まできて、「たまたま」なんて事は無いんだけれど。
彼とは10年以上前、私のいた会社が倒産したころ、一緒に苦労した仲なので、ある種の戦友みたいな感覚がある。

久しぶりとはいえ、いままで音信不通だった訳でもなく、メールでも連絡は取れるし、blogで様子もわかる。

わざわざ数日前から行くぞ!と予告するのも、ヘンに気をつかわせるのもちょっと違うし。。

それでも何だかんだ言いながら、久しぶりに会って、思ったより元気そうな顔を見て少し安心した。

(つづく)

画像(320x214)・拡大画像(640x428)

Posted by ちはる at 02:03   URL   Comment ( 0 )

2009/07/30 (木)

明治生まれの蒸気 [雑談系]

1901年にイギリスで生まれ、日本では東海道線で活躍し、
その後タンク式に改造され、最後は私鉄に払い下げられて昭和50年頃まで働いていた機関車が、梅小路蒸気機関車館に寄贈されたそうな。

http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2009/07/1080_2.html

京都へ行ったらぜひ見てこよう。

comment

Posted by ちはる at 00:30   URL   Comment ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ Page Top

8

2009


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

LINK

PHOTO

石木川のほとりにて/村山嘉昭著

石木川のほとりにて/村山嘉昭著

センター試験ですね

センター試験ですね

新しい仲間

新しい仲間

検索


Category

Recent Entries

Recent Comments

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 haruyuki All rights reserved.